少年野球の練習メニューと指導法 バッティングフォーム

バッティングフォームの基本 | 少年野球の練習メニューと指導法 記事一覧

バットの握り方

バッティング・打撃練習の項目の中から、バットの握り方について説明します。バットの握り方には、フィンガーグリップとパームグリップの二種類の握り方があります。どちらのバットの握り方でいくかは、選手が握りやすい、選手のタイプ、指導者の方針等を考慮して決めると良いでしょう。

≫続きを読む

バッティングの構え

バッティング・打撃練習の項目の中から、バッティングの構えについて説明します。バッティングの構えは、投球を待っている時の体勢です。リラックスできる楽な構えが良いでしょう。

≫続きを読む

テイクバック

バッティング・打撃練習の項目の中から、テイクバックの構えについて説明します。テイクバックとは、バットをスイングするために、後方にバットを引くことを言います。テークバックやバックスイングと表現することもあります。

≫続きを読む

バットスイング

バッティング・打撃練習の項目の中から、バットスイングについて説明します。バットスイングの流れとしては、テイクバックのトップの位置から、体重移動、ステップ、体の回転、インパクト、フォロースイングとなりますが、ここではトップの位置からインパクトの前までについて説明します。バットスイングは、バッティングの...

≫続きを読む

インパクト

バッティング・打撃練習の項目の中から、インパクトについて説明します。インパクトとは、ボールがバットに当たること、またその瞬間のことを言います。

≫続きを読む

体重移動

バッティング・打撃練習の項目の中から、体重移動について説明します。バッティングの流れの中では常に体重移動が行われています。この体重移動が上手にスムーズに出来ていないと、ミートが不安定になり、力強い打球を飛ばすことができません。上手でスムーズな体重移動をマスターしましょう。

≫続きを読む

フォロースイング

バッティング・打撃練習の項目の中から、フォロースイングについて説明します。フォロースイングをしっかり行うこと、つまりバットにボールが当たった後でも最後までしっかりバットを振り抜くことで、力強いバッティングができるようになります。バットスイングの際は、フォロースイングをしっかりとって、最後までバットを...

≫続きを読む

少年野球の選手と指導者にお薦めな情報

少年野球でバッティングを向上させる方法
最短でバッティング技術を向上させる、少年野球のバッティング理論と方法。


球速をアップさせるトレーニング方法
しなやかで強い体を作り、球速をアップさせるプログラム。


西武ライオンズの黄金時代を築いた強打者コンビの、バッティング養成プログラム
元埼玉西武ライオンズの垣内氏、大塚氏の二人による、バッティング上達DVD。